印鑑・はんこにまつわる、いろんなお話をしていきます。

印鑑のお話

topimg

篆刻とは?

2011/1/31 (月) 14:45:31

篆刻と書いて、『てんこく』と読みますが、やはり印鑑(印章)のことを言います。この言葉の起源は中国で、中国の書体の1つの篆書を印文に彫ることに由来するようです。実印や銀行の時に使う文字とは違い、掛け軸や書道作品のサインの下に四角いハンコが押されているものを指します。ほとんど印鑑というよりは、サイン、アクセントとして使われます。何と書いてあるか不明な場合も多いですが、それでもOKで、要は造形美を好む問題のようです。ちょっとしゃれた印鑑として使うというのも良いかもしれません。重要書類には押せませんが、センスを感じます。

コメント

コメント/トラックバックはまだありません

トラックバック

コメントをどうぞ

uO